あなたの引っ越しを手助けする情報サイト

転居後にすぐにやること

忘れがち!引っ越し後の各種手続き

転居後にやるべき手続きはついつい忘れてしまうことが多いですよね。
忘れないうちにやっておきましょう。

「転入届、転出届」
引っ越し後、2週間以内にどちらかを役所に提出します。
転居届は同一の市区町村に引っ越しする場合に提出するもので、転出届は他の市区町村に引っ越しをする場合に提出するものです。

「国民年金」
国民年金に加入している方は新住所の役場で住所変更手続きを行ってください。

「運転免許の住所変更」
新住所のある都道府県内の警察署で住所変更の手続きをしましょう。

「車庫証明申請」
引っ越し先でも今まで乗っていた車を使用する場合は車庫証明書の申請が必要になります。
こちらも運転免許証と同じで都道府県内の警察署で手続きを行うので、2つ合わせて手続きができます。

退去する時のためのチェックポイント

できれば入居後すぐに室内の傷や汚れなどをしっかりとチェックしておくことがとても大切です。
デジカメや携帯などで撮影し、日付入りで証拠として残しておきましょう。
そうすることで退去時のトラブルを回避することができます。

室内のチェックポイントは、壁の汚れ、床の傷、天井の汚れ、水回りのカビ、スイッチやコンセントや照明は使うことができる状態か、扉全般は問題なく開くか、水やお湯はちゃんと出るか、など多数あります。
他にも気になるところがあれば大家さんか管理会社に連絡してください。

このような確認作業を怠ると退去時に入居者がつけた傷や汚れや不具合とみなされて敷金が戻ってこないこともありますので充分に注意しましょう。


TOPへ戻る